“重~い”椅子

P1490592
最近、年齢のせいか、
自分の”思い”が揺らいだ事に
私自身、ビックリでした。

 

家の食卓で使っている椅子に
大変重さを感じる様になって来ました。

真鍮合金の飾りを背と足に付けた
鉄製の椅子は、
背もたれが70㎝、重量は9kgあります。

 

移動させる時に、
両手を使って、体全体で
”どっこいしょ”と持ち上げる感じなんです。

時々、自転車置場で、
自分の自転車を取り出す際に、

他のファミリーサイクルの自転車を
移動させる時の”重さ”と良く似ています。

 

”エレガントでスマートなフォルムの
素敵すぎる椅子”

 

”これを軽いものに変えたら”なんて
ちょっと”気合の抜けた思い”が
頭を過ぎりました。

年を取ったら、
こんなにも重く感じる椅子を実際に
使えるのだろうかと、、、

 

今まで、デザインは勿論のこと、
”質感や重量感”を何より
大切に思って来た私にとって、

”思い”が揺らいだ事に
私自身もビックリでした。

 

それを妻に話したところ、あっさり一言。

 

”(あなたが)年を取った時に
そこらの家具で我慢できるのであれば、
それで良いのと違う!”と

 

そうなんですよね。

軽さと引き換えに
自分の”思い”がこもってない物で構成した

雰囲気の無い部屋に
居られるか如何かを考えると、、、

 

やっぱり、

死ぬまで、
”気合の入った物”で生活しなあかんなーと
改めて考えたのでした。

 

それににしても
私がこんな事を言う前も後も、

何も言わずに
椅子を移動させて掃除機を掛ける妻。

それに対して、自分って、、、

 

◯◯さんは
どの様な”思い”のこもった部屋で
生活を楽しまれていますか?