私の頭の中を “アールデコのオブジェ”は独占しました。

一昨日は、
サントアンの蚤の市(クリニャンクール)へ
アンティーク探しに行ってきました。

 

いつもの様に、
様々なカテゴリーの
古物がならぶ店を一軒一軒、
私好みの物を探し歩いていると、

今まで、経験したことのない
“新鮮さ”を味わえる作品に
出会いました。

 

見るからに高価な
ジュエリーやシルバー製品が、
歴然と収められた3台のガラスケース。

私では価値の判断がつかないオブジェが
所々にある店でした。

 

そこに、
”華やかさ”や”派手さ”とは全く無関係な、

静けさの中(作中)に
“恐ろしい位“に込められた存在感。

鮮明に眼に焼きついて、
決して忘れる事の出来ないフォルム。

超アーティストだけが作り出せる
落ち着き払ったオーラ。

 

私の頭の中を
“アールデコのオブジェ”は独占しました。

 

どれだけ、
オブジェを手に取っては眺め、

テーブルに置いては、
佇まいに魅入ったか分かりません。

久しぶりに物に酔いました。

 

昼ご飯を食べている時も、
再びモノを探し回っている間も、

アールデコの花瓶が
頭から離れません。

 

幸運の象徴である“鳥”が何匹も
花器の周りを
幾何学にデザインされていていました。

ガラスや陶器の質感には無い、
真鍮の“ずっしり”とした重量感を
手が覚えています。

“対“の作品が作り出す迫力は
2倍以上の存在感がありました。

 

これが
私を魅了した
F.BARBEDIENNEの作品です。

IMG_0095 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)