カテゴリー別アーカイブ: 商品

”着るのに気合のいるコート”

P1470729
“今、
美しいコートを作っているからね!”と
パリからのメールでした。

アトリエで、
熱心にコートを作る彼女の仕事風景が
目に浮かびます。

職人気質の”しっかりした作り”の
コートを送ってくるのが
想像できました。

 

待ちに待った日。

郵便屋さんが、
一つの箱をとっても重そうに抱えて
運んできます。

7点しか入ってないはずなのに、、、

もしかして(やっぱり)、、、

梱包を解いて手にしてみると、
一型のコートだけが
とても重いのです!!

袖を通してみると、
若干、重みはマシですが、

それでも重い!!

 

でも、
それに反して、

”このカッコ良さ!!”

鏡の前にいた私は、重さを忘れて、
美しいコートのシルエットに
魅せられていました。

これのメンズバージョンを
”作ってもらおうかなぁ”なんて
真剣に思ったぐらい、

私の好きなテイストでした。

”洋服を着る楽しさ”を
改めて教えてくれる
”アーティストのコート(表現力)”

この様なものに、
触れられる(知る事が出来る)
環境にある事を
嬉しく思ったのでした。

 

 

過って、私は、
”床に直立する”

硬くて、めちゃくちゃ重い
レザーのジャケットを着ていました。

コムデギャルソン扱いだった
”クロムハーツ”が

ユナイテッドアローズに
変った時のものです。

エルメスを
目指しいるだけの事は有って、

”まったり””にっちょり”な触感の
超厚手な極上のヘビーレザーの質は、

今まで体験した事の無い
レベルのものでした。

(今売られている物とは
格段の差が有ります。)

なので、非常に重かった!

でも、
重さが原因で”着ない理由”には
ならなかったです。

ただただ、
惚れ込んだハンティングジャケットを
身にまとえることが嬉しかったんです。

価格も超々重量級だったで
そうとう気合い入れましたが!!

 

今回送られて来た
”着るのに気合のいるコート”

彼女は、
この超立体的なシルエットを作るのに
”とても分厚いウール生地”を
選びました。

洋服の作り手は、”縫うのに
大変骨の折れる生地”を使って、
見事、”格好良さ”を形にしました。

大変だったであろう仕事が
手に取る様に感じられます。

 

 

これを果たして、
物にしたいと思ってくれる方、
現れるでしょうか?

私も、気合入れまくった20代。

若い世代の方に、洋服って
”こんなに楽しいものなんだ”と
知ってもらえるものだと思います。

ぜひ、チャレンジして下さい。

洋服に対しての概念が
180度変わると言っても
言い過ぎではない作品です。
http://cgi3.decoeclair.com/109_4358.html