洋服とアンティークの店

 

 

 

TOP   商品一覧   配送・支払方法

Paris直輸入

 

 



 2017年11月 ウインドウ・ディスプレイ&店内風景



  店にあるアイテムを
どの様な基準で選んでいるのか?

良く聞かれます!

基本、
私の“好きなテイストの物“なのですが、

買付けする際には、
下記にある@〜Bの順番で、

 “3つの要素”を含んだアイテムを
選んでいます。



@  その物が“美しさ”を意識して
作られた物なのか如何か?

全体を上手くまとめ上げている作品は、
細かな部分まで
“美しさ”を気に掛けて作り込んでいます。


その様な作品は、

・視線が自然とフォルムに沿って
流れる様に動きます。

・どの角度から見ても
絵になる表情を持っています。

・洗練されたオーラで
瞬時に受けての感性をくすぐります。


※心を動かす“美しさ”を持った作品は、
パリ中を探し歩いても多くは出会えませんが、

私の感性に“ピタッ“と来たアイテムだけを
持ち帰っています。



A  次に、質感(素材)です。

見た目がしっとりしていて
無機質でない表情や、

絶妙に作り込まれた
フォルムの“優雅さ”は、

素材で決定づけられます。


なので、
”ドライな質感”のものは好みません。


形になった物を手にした時、

手のひらや指先が感じる心地良さを
大事に思っています。

それは、
“素材感”=“心の潤い”を
具体化したものだと思うからです。


※優れたデザイン性の物であっても、
作品とマッチしない素材の物は意外に多く、
残念に思いながら買付けする事はありません。

 

B  最後に、実用的かどうか?

いくら素晴らしい作品であっても、
生活で活躍しない物は
意味が無いと考えます。

常にその物が生活を
高めてくれるもか如何かを
絶えず問い掛けて買付しています。

作り手の想いを
最大限に汲み取っても、

店で表現出来ない(私の感性不足)の物は
買付けしません。

 

※完成度の高いアイテムだけでは
生活が楽しくないですから、

“遊び心”を持って、

実用的かどうかの
“解釈の幅”を広げた結果、
今の店になっています!!


 

以上を踏まえて、
総合的に75点以上の物を
“合格”として持ち帰っています。

それでは74点だったらどうなのか?
残念ながら“ノー“です。


ほんの1点足りないだけですが、
魅力的かどうかは
天と地ほどの差が有りますから。

 

“こんな感じで選んだエクレアのアイテム“


改めて、
どの様に思われたでしょうか?

お買い求め下さったアイテム
再度、観察して見てください。

 




(過去)  ウインドウ・ディスプレイ&店内風景

2008年 

 

 

 

 

 

 

7月

 

 

10月

11月

12月

2009年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2010年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2011年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2012年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2013年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2014年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2015年

1月

2月

 

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2016年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2017年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月


2018年からは”こちら”をご覧下さい。