TOP   商品一覧   配送・支払方法     




Paris直輸入の店    " ファッション&アンティーク "  
 

 2017年6月 ウインドウ・ディスプレイ&店内風景



ショーウインドウ(左)↓


ショーウインドウ(中央)↓


ショーウインドウ(右)

ショーウインドウの左側で
フランスの若い女の子が足を止めました。

そして、
通り過ぎてきた
ショーウインドウの中央〜右側に戻り、

じーっと眺めて一言。
” C'est chic”

”シック”
”垢抜けているさま”
”上品で洗練されているさま”


貴方はこのショーウインドウに、
どの様な”一言”を掛けてくれますか?

------------------------------------------------------------------------




 結構、
注意深くモノを観察する事が出来る方が、


 
店のソファーに腰掛けて
天井を見上げて一言。

 “今まで、このシャンデリアに
 気が付かなかった!“

 以前から吊るして有る物なのに、
 全然、気付かなかったらしいのです。


人は、
 目線以上に有る物には
なかなか目が行きません。

私も、訓練によって
だいぶん見られる様になりましたが、

まだ、時々、
やっちゃいけない見方してしまいます。


 それでは、

どの様に観察すれば
 見えてない部分を
無くす事が出来るのでしょうか?

普通に テーブルの上にある
たくさん物を見る時、

一つ一つ順を追って
目で追い掛けますよね。


この見方は、
凝視しているので、
 視野がとても狭い状態なんです。

この見方で
上の物を見ようとするから、
全体が見えないんです。

見落としができるのです。


なので、

 いつも見上げる感じの
3歩〜5歩ほど引いた位置で
見て下さい。

見え方が全然変わります。

”見方を変えてみる”

ぜひ、店で試してみて下さい。
気付かなかった物に出会えますよ!



※色々な見方が出来る様になれば
目の前は“宝物”だらけかも。


”宝物”は、あなたにとって、

”大切な人”かもしれないし、
”仕事”かもしれないし、
”大好きな物”かもしれないですね。